2017年3月29日水曜日

WGCマッチプレーから見たゴルフゲームの本質

ゴルフトーナメントに於いて、アメリカのPGAツアーが世界最大規模であり
世界をリードするゴルフ市場であることは揺るぎない。
今やゴルフトーナメントはショービジネス化して、ギャラリーやメディアは
視聴者を引き付ける魅力的なマネージメントを模索する。

スポーツ競技を見る側の視点で考えた場合、競技時間のボーダーライン
は2時間と言われる。
世界的な競技であるフットボール、アメリカで一番視聴されている
アメフトでも、野球でも競技時間は2時間が目安となる。
そこを考えれば、ゴルフの競技時間は長すぎる。
R&A、USGAはその辺りも考え、スロープレーの撲滅に躍起となる。
移動して観戦できるトーナメント会場は、様々な趣向を凝らしているが
テレビなどのメディアを通じて視聴するには、ゴルフのプレー時間は長いだろう。
日本のメディアは、メジャー競技でない限りトーナメントは録画で2時間
以内の場合が殆どである。
この方法は、トーナメントフリークには大いに不満で見る気にはならない。
色々と大人の事情で仕方がないが、そもそものゴルフ競技方式にも
トーナメントの場合、一考の余地があるだろう。

ゴルフゲームのフォーマットは色々あり、現在のトーナメントで
主流となっているのは72ホールによるストローク方式だが、今後その
近代から当たり前となってきた方式が変わるかもしれない。
今年開催されたヨーロピアンツアーのWORLDスーパー6は斬新的であった。
マッチプレーによる方式は団体戦では用いられるが、個人戦としては
消滅していき、ワールドツアーでは今回のWGCが残っているだけである。
アマチュア競技でも日本アマは2016年から72ホールのストローク方式
に変更してしまった。
全英アマにしても全米アマにしても2日間ストローク、準決勝、決勝では
マッチプレーを貫いている。
この変更は非常に残念な事で、世界的なプレーヤーを輩出するには
競技者として強くする目的として、マッチプレーは欠かせない。
今回のWGCマッチプレーも時代を反映して、フォーマットを変更した。
初戦からトーナメントにするより選手にとっても運営側にとっても
メリットがあると感じた。
見ていて面白いのは、断然マッチプレーである。
今回は格闘技的な、WGCマッチプレーでの決勝で戦った選手を
取り上げてスイングの違いを考察する。

 
D.ジョンソン選手&J.ラーム選手

以前にも取り上げたが、決勝で戦ったこの両選手はスイング動作以外にも
対照的なゴルフを展開していた。
ゴルフのゲームプランは、自身の飛球方向に大きく関わる。
ジョンソン選手はフェード系で、ラーム選手はドロー系。
得意とする持ち球で、ティグラウンドでの立ち位置が変わる。
当然ホールロケーションでイメージは変わるので、決めつけることは
出来ないが、ジョンソン選手はティマーカーの右側、ラーム選手は
左側を使うことが多かった。
この両選手のスイング動作を見ると、違いがはっきりと見て取れる。
両選手に共通する部分は、左手を甲側に屈曲させる動き。
その他の主要な部分は、全く違うと言えるだろう。

打撃角度で考察すれば、バックスイングの切り返しでのグリップ位置が
高くなって、フィニッシュでの手の位置が低くなればインパクトでは
クラブヘッドが鋭角な角度で、ボールに当たりやすくなる。
そうすれば、ジョンソン選手のようにスライス系の飛球になりやすい。
一般ゴルファーに多い動作の特徴で、バックスイングの手の動きが大きく
なり、オーバースイングによってスライスとなるパターン。
これを防ぐ方法として、左の手を甲側に屈曲させる指導が一般的。

一般ゴルファーとジョンソン選手と共通する動きとも言えるが
ジョンソン選手の動作を見ると、彼は肩回りの関節が柔らかいので
あの高さまで上げることが出来るのと、グリップを高く上げても
バランスが崩れることがない股関節と足首の柔軟性、強さがあるのであろう。

では、ラーム選手とジョンソン選手の切り返しでのグリップの位置が
違うのは、どうすることで動作として現れるのだろうか。
ラーム選手が、意図してコンパクトなバックスイングにしているのかは
解らないが、少年時代にベン・ホーガン氏の「モダンゴルフ」を見てゴルフ
を覚えたのではないかと推測する。

バックスイングでのグリップの位置を決めるのは、手や腕ではない。
両選手のバックスイング時での顔の向きに注目して頂きたい。
ジョンソン選手の正面からの動画を見ていると
スイングロボットの動きを見ているようである。
首が軸となって回転している。
ラーム選手はバックスイングで顔は回転していない。
一般ゴルファーの多くは、ジョンソン選手のように
バックスイングで顔が回転している。
バックスイングを気にする事によって起こる場合と、地面にボールが
あるゴルフスイングの自然な動きの特徴とも言える。
世界No.1のスイング動作にも一般ゴルファーと共通する部分があるが
理解なく取り入れても効果の程はしれている。

ジョンソン選手がラーム選手の様なフォワードスイングならば、スライス
から抜け出すことが出来ないだろう。
インパクト以降に両腕をコンパクトに動かすことで、グリップエンドの
動きを最小限に、速く動かすことでヘッドを加速させている。

更にセットアップの段階でも違いが見受けられる。
ラーム選手の動画内の解説でも言及しているが、ラーム選手はグリップが
最近の選手に多い、所謂フックグリップではない。
ジョンソン選手はフックグリップで、最近の選手があまり取り入れない
フォワードプレスを取り入れ、少し開き気味にして動き出している。
ジョンソン選手の動きは、再現性は高いがクラブヘッドの動きだけを
見れば複雑な動きなので、あまり参考にならないだろう。
ラーム選手は動きがシンプルだが、真似をすれば飛距離が出なくなる
可能性が高い。
両選手のドライビングディスタンスはあまり変わらないと思うが
飛ばしの要素は全く違う。
ラーム選手と似ている選手は、ラーム選手と同郷の先輩でアルバロ・キロス選手。
飛ばし屋として名を馳せたが、成績は低迷している。


A・キロス選手
非常にコンパクトなバックスイングで、ラーム選手のような手首の屈曲はない。
一般ゴルファーが真似しても飛距離は出ないだろう。
ラーム選手とキロス選手は、元々持っている瞬発力とシャフトのしなりを
理解して利用する能力に長けている点と手首の強さだろう。

そして、最後に取り上げたいのが日本の谷原秀人選手。
Japanツアーでは飛ばし屋であったが、今回のWGCではジョンソン選手に
30yard以上置いて行かれる場面が多かった。
しかし、谷原選手のスイング動作はジョンソン選手とラーム選手を合わせた
ようなスイング動作である。



スイング動作は、フォワードスイングでボールを飛ばしている感じで、
フォワードスイング時の左腕の使い方に特徴がある。
左肘を地面の方向には向けずに、クラブファイス面を変えないようにしている。
飛球や全体的な動作はラーム選手に似ているが、40歳となる年齢を考えれば
谷原選手の身体能力の高さが窺われる。

WGCマッチプレーでの勝利で、WGC全ての大会に勝利したジョンソン選手。
2008年にターニングストーン・リゾート選手権で初勝利を挙げて以来
毎シーズン勝利を重ねてきた。
因みにこの大会で、日本の今田竜二選手が3位に入っている。
この年のAT&TクラッシックでPGAツアー初勝利を達成したが
ジョンソン選手とは大きな差となってしまい大変残念でもある。

ジョンソン選手は毎シーズン勝利を挙げ、10シーズン連続勝利は
素晴らしく、T.ウッズ選手以来のPGAツアーを牽引する選手として
君臨することは誰しも認めるだろう。
T.ウッズ絶頂期を支えたコーチのブッチ・ハーモン氏に指導を
受けているのも偶然ではないかもしれない。
ブッチ氏はウッズ選手とジョンソン選手を比較して
ドライビングディスタンス、ボールストライキングは
ウッズ選手に引けを取らないがショートゲーム
が一番の課題だったと言う。

ショートゲームの巧者は、クラブフェイスを開いて使うのに
長けている。
バレステロス氏、ミケルソン選手、丸山茂樹プロなど手首の
使い方が柔らかくコントロール性が高い。
ウッズ選手も同じだ。
ジョンソン選手は、クラブフェイスを閉じてから開くタイプなので
上記の選手とは異なる。
D.デュバル氏と同じタイプである。
ただ、パッティングに関しては今後向上する可能性が高い。
パッティングのランキングは今シーズンを見ても現時点で
TOTALランクが131位であるから、この数字が上がれば無敵だろう。
又、ゴルフチャンネル解説者によるとジョンソン選手は、ケガなど
身体の不調の話を聞いた事がないと言う。
筋肉を肥大化させるウェイトトレーニングも実施していないらしい。
王者への条件が揃ってきたジョンソン選手。
メジャー2勝目はいつになるだろうか?!

2017年3月20日月曜日

アーノルドパーマーInvitationalからKingを偲んで。

BayHillで開催されたKing亡き後のAPInvitationalは、オージーのM.リーシュマン選手が
逆転勝利で自身2012年トラベラーズ選手権以来のPGAツアーキャリア2勝目
となった。そして今大会通して、アーノルド・パーマー氏の偉大さを改めて
痛感させられるトーナメントウィークであった。

2017年3月13日月曜日

Valspar選手権で見た持ち球

今週のPGAツアーは、起伏の激しいイ二スブルックリゾートが舞台となった。
スネークピットと呼ばれる上がりホールでは、目が離せない展開となった。
FinalRoundの後半は最終組の2選手によるデッドヒートとなり、カナダ出身の
キャリアがPGAカナダ2勝、Web.comツアー2勝で今シーズンは史上8人目となる

2017年3月6日月曜日

今週のトーナメント展望(スイングの過去と今)

2016-2017シーズンWGCの初戦は松山選手、2戦目はD.ジョンソン選手の優勝で
幕を閉じた。
リビエラで行われたジェネシスオープンでは大量リードで最終ラウンドを迎え
逃げ切り優勝となったが、今回はWGCの重みと混戦の中、後半は苦しい我慢の
ゴルフでの勝利となり、今後のD.ジョンソン選手はT.Wに変わる活躍を予感させ
る内容だったと思う。

2017年2月27日月曜日

The HONDA Classic FinalRound

決勝ラウンド突入でポールポジションから、FinalRoundティオフした
リッキー・ファウラー選手。
フロント9では、2バーディ、2ボギー、1ダブルボギーの苦しい展開。
Day3の好調さが消え失せ、ちょっとやばい展開。
バック9では、踏みとどまり逃げ切り4勝目を挙げたファウラー選手。
そんな状況の中、スコアを伸ばしファウラー選手を脅かす存在となったのが
巨漢の飛ばし屋、ゲーリー・ウッドランド選手。

2017年2月26日日曜日

HONDA LPGA タイランド 2017

2006年からLPGAツアー公式戦として、タイランドで開催される今大会。
過去の優勝者には、2010年に宮里藍選手がいる。

エイミー・ヤン選手が大会レコードにて、大会2勝目で幕を閉じたが
2011-2012と絶頂期のヤニ・ツェン選手が2連覇を達成している。
今回取り上げる選手はタイランドのヒロイン、ジュタヌガン姉妹。

2017年2月20日月曜日

2016-2017ジェネシス・オープンから

リビエラC・Cで行われたジェネシス・オープンは、ダスティンジョンソン
選手の圧勝で幕を閉じたが、今回の気になる選手として取り上げるのは
D.ジョンソン選手と最終日に同組だった2選手をウオッチしてみる。

2017年2月19日日曜日

ISPS Handa ワールドスーパー6を終えて

タイガー・ウッズ選手がツアーから姿を消してしまうかもしれない。
故障だけではなく、気持ちの問題があるかもしれない。
多くのゴルフ関係者にとって今後の動向が気になるところだが・・。

2017年2月12日日曜日

MaybankマレーシアFinalRound

クアラルンプールで行われたアジアンツアーとヨーロピアンツアー共同開催となる
マレーシアナショナルオープンとなるメイバンクマレーシア。
Round3終了時点の4打差をフロント9で追いつかれた2016年マスターズチャンプの
イングランドのダニー・ウィレット。FinalRoundはスイングがしっくりこない
様子が画面から伝わってきた。FinalRoundスコアを伸ばすことが出来ずに
終わったが、マスターズの勝利、ヨーロピアンツアー4勝のスイングを分析。

2017年2月11日土曜日

Maybank選手権での注目選手は?!

マレーシアのSAUJANAG.Cで開催されている今週のメイバンクマレーシア。
マレーシアのナショナルオープンとして1962年に初開催され、
1999年からアジアンツアーとヨーロピアンツアー共同開催となる。
アジアンツアーの中でも歴史のある大会で、アジアンツアー出身で世界的に活躍
するのがタイ出身のトンチャイ・ジェイディーである。

2017年2月6日月曜日

ウェスト・マネージメントPhoenixOpen Playoff

2017フェニックスオープンの相手は、ウェブ・シンプソン。
2012年にはU.Sオープンを制したメジャーチャンプ。
2014年を最後に優勝からは遠ざかっている。

少し癖のあるスイングを見てみよう。

2017年2月5日日曜日

オメガDubaiDesertクラッシック FinalRound

エミレーツGCはRound3に引き続き快晴で、穏やかな気候。
気候から推測すれば、誰かが大きくスコアを伸ばして、ガルシア選手脅かせば
ゲームとしては面白い展開となるのだが、どうだろうか序盤はガルシア選手が
一人旅状態となっている模様。

2017年2月4日土曜日

オメガDubaiDesertクラッシック Day3 

Day2途中でサスペンデッドとなったドバイデザートクラッシックの舞台である
エミレーツGCは、日本の太平洋クラブと姉妹提携を締結し、太平洋クラブの会員は
このコースを利用可能となった。
Day1で単独首位に立ったガルシア選手がスタートする時間には、風が強くてスコアを伸ばす
のは難しいと思ったが、幸いに5番で中断となり、Day3へ持ち越しとなった。
Day3は天候も回復し、穏やかな気候の中スコアを伸ばしたガルシア選手は、2位の同胞の
N.エルビラ選手とは3打差で、Day3をティオフ。
トーナメントで勝利するには運が必要と言われるが、ガルシア選手は既に勝利を
引き寄せているのかもしれない。

2017年1月29日日曜日

コマーシャルBankカタールMasters FinalRound

韓国男子ゴルフ界の新鋭の淡々としたプレーぶりは、ヨーロピアンツアー初優勝から
1年経過していないが、前しか見ていないようだ。
スタートホールから2連続バーディで後続を突き放しにかかったが、J.バンザイル選手
も3連続バーディで食い下がる。
南アフリカのバンザイル選手は、優勝経験がなく、ヨーロピアンツアー最高位は2位が
4回で2001年にプロ転向した37歳。
ワン選手はRound3ホールアウト後のインタビューで、アイアンが好調なことと、ノーボギーで
回れたことが嬉しいとのコメントであったが、今大会は3日間でボギーが3回。
驚くことに、バンザイル選手は、3日間でボギーが初日に1回だけである。
ここが、勝負の別れ所で、先にボギーにした選手が勝利から見放されるかも。

2017年1月28日土曜日

コマーシャルBankカタールMasters Day3

ドーハG.Cでは、先週に引き続き中東で正に熱い戦いが繰り広げられている。
ヨーロピアンツアーらしく国際色豊かで、現時点でトーナメントリーダーの選手から
8位の選手までの国旗が全て違う。このリーダーボードに日本国旗がないのが何とも
寂しい気分であるが、もっと日本選手の多くがこのツアーに目を向けてほしい。

誰が出てくるのか解らない、昨今のゴルフプロツアー事情であるが、ドーハでも未知数な選手が
Day3でリーダーボードのトップに躍り出た。

2017年1月22日日曜日

Abu Dhabi HSBCチャンピオンシップ FinalRound

最終日のアブダビは、風が強く誰が勝つのか全く予想できない。
状況から察すれば、スコアを伸ばす選手でも5アンダーといった所だろう。

忍耐強い選手が、勝利の扉を開くであろう。
最終組は、スタート時トーナメントリーダーのT.ハットン選手、D.ジョンソン、P.ララザバル選手。
混戦状態なら、最終組より後続の選手が勝つ可能性があるかもしれない。

Round3でスコアを伸ばすことが出来なかった、M.カイマー選手はその筆頭となるだろう。
K.アフィバーンラト選手はどこまでスコアを伸ばせるか、執念が増せればチャンスはあるだろう。

2016年シーズンにヨーロピアンツアー初勝利を挙げて、更なる飛躍が掛かる2勝目に
手が届くのか、T.ハットン選手。
サンシャインツアーからヨーロピアンツアー初勝利で、スターダムのきっかけを掴みたい
南アフリカのD.バーメスター選手は、BMW SAオープンの雪辱なるのか。

2017年1月21日土曜日

Abu Dhabi HSBCチャンピオンシップ Round3

南アフリカから舞台を中東に移し、始まった中東シリーズ。
アブダビ~ドーハ~エミレーツで開催される。

今回の舞台は、世界で多くのゴルフ事業を展開するTroon Golfが管理するアブダビGolfClub
ゴルフマガジンの世界トップ100にも入る、美しいゴルフコースなんだろう。

マーティン・カイマー選手が単独リーダーで迎えた、決勝ラウンド。
2008、2010、2011年と過去にこの大会で3勝。
そんなカイマー選手も、2014年の自身2回目となるメジャータイトル
U.Sオープンから優勝がない。

2016年シーズンは、優勝争いに絡むことなく低迷している。
一時期的とはいえ、世界ランキングトップになった選手が、苦しんでいる。
過去に3回優勝した、アブダビで復活のきっかけを掴みたい所であろう。

2017年1月15日日曜日

BMW SA Open FinalRound

ヨーロピアンツアー2017初戦、南アフリカで繰り広げられるFinal Round。
最大の見所と、多くのゴルフファンの期待は、最終組だろう。
ローリー・マキロイ選手は、2017年のスタートにヨーロピアンツアーを選択した。
使用クラブを一新して臨む大会は、まだまだ手探りだろうが、落ち着いたプレー
を展開している。

FinalGroupのトーナメントリーダーG.ストーム選手とマキロイ選手のスタート時の差は
3打差。フロント9でマキロイ選手はノーボギー、3バーディ。
一方、ストーム選手は、ノーボギー、1バーディで1打差となりバック9へ。

グレイム・ストーム選手は、イングランド出身の38歳。
プロ転向は2000年で、ヨーロピアンツアーで1勝、2007年にフランスのル・ゴルフ
ナショナルで開催されるフランスオープンで初優勝。
チャレンジツアーで2勝しているが、ランキング70位前後の中堅選手。

13番Par5で、マキロイ選手は、セカンドショットをロングアイアンで2オン。
イージーバーディで、ストーム選手を捉えた。

2017年1月14日土曜日

BMW SA OPEN Round3

2017年シーズンのヨーロピアンツアー初戦は、あまり知られていないと思うが、歴史ある
南アフリカから始まった。世界最古のナショナルオープンと言えば、ゴルフファンであれば
ジ・オープンと知っているだろうが、2番目に開催されたナショナルオープンが南アフリカ
オープンだったとはあまり、関心がないと言った所かもしれない。
1893年に開催されたわけだが、日本で最初に行われた、日本プロが1926年。

南アフリカで行われているのがサンシャインツアーで、1997年からこの南アフリカオープン
はヨーロピアンツアーとの共催となった。
大会ホストとなったアーニー・エルス選手からのお誘いで、2017年シーズンの初戦となった
ローリー・マキロイ選手に注目が集まっているが、サーの称号を与えられた、ニック・ファルド氏
も2014年以来の出場で、50代最後のレギュラーツアーで予選通過が期待されたが
トータル1オーバーで、通過とはならなかった。
大会ホストのエルス選手もイーブンパーで、メジャーチャンプで南アフリカ出身の
レティーフ・グーセン選手もトータル7オーバーで、元気なく予選落ちとなった。

2017年1月9日月曜日

SBS Tournament of チャンピオンズ FinalRound

この選手に、心理的プレッシャーは関係ないかもしれない。

10番で、ボギーが先行したJ.トーマス選手は、続く11番Par3で、ティショットを1メートル以内に
付けるショットを披露してくれた。
ショット後のボールの行方を、嬉しそうに見る姿は、仲間内のコンペのようだ。
松山選手もこのホール、ロングパットを沈めてバーディ。
2位タイに浮上し、トップとの差は4打差。

フロント9を2位で折り返した、ウィリアム・マクガート選手は、バック9で沈んだ。
10番、12番でダブルボギーとして、ここから立ち直るのは難しいだろう。
 2004年にプロ転向し、2011年からQスクールを経てPGAツアーへの
参戦を果たした、37歳のW.マクガート選手。
今大会出場は、2016年のメモリアルトーナメントでの優勝で初めて手にした。
ジャック・二クラウス氏ホスト大会のメモリアルと言えば、松山選手が
PGAツアー初勝利を挙げた大会。
二クラウス氏が見守る中での勝利は、ゴルファーとして感慨深いものがあるだろう。
そんな、マクガート選手に今大会盛り上げてほしかったが、マクガート選手の
お茶目な、ファンサービスは日本人選手にも見習ってほしい。


PGAツアーでは、中堅の選手だが、個性的なスイング動作をする選手が
多いのも、世界最高峰のツアーの特徴でもある。